サブリース「空室保障」の問題点と解決方法

「サブリース」というコトバはきいたことがありますか?物件を持っている人でサブリースを考えている人にはなじみのあるコトバかもしれません。しかし、普段生活をしている中では、なかなか耳にしたリすることのないコトバです。まだ、将来サブリースを考えたことない人も、ストックビジネスという形でもしかしたら耳にしたリ、関係することがあるかもしれません。そんな人のために、今回は、「サブリース」についてご紹介します。
 

「サブリース」とは何か

人の住んでいない部屋
「サブリース」とは何かということから説明します。サブリースは不動産業界のコトバになります。家などを持っていて、それを他人に貸す人、すなわちオーナーが直接他人である第三者に貸さず、一旦、不動産業者が一括賃借をします。
 
そして、不動産業者が第三者にオーナーが所有する家を貸し出して家賃を回収します。この仕組みを「サブリース」といいます。オーナーが所有しているのですが、間に不動産会社を通すので、管理等は不動産会社が行います。そして、家賃収入の%をオーナーへ渡します。
 
サブリースのいいところをまとめると・・・
このシステムのメリットといえば、不動産のオーナーがリスクを負わないで安心して運営ができることにあります。どんなに便利で価値のある不動産をもっていても、それを活かす営業力や運営のノウハウがなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。そんなことにはならないように、出来る人ができるところを行うというシステムになります。サブリーズでは、空室、延滞、トラブルについてのリスクを解消することができます。

不動産業者の管理ってなにをするの?

不動産業者の管理
不動産会社は、家を借りたい他人との交渉や税収関係、入居の手続きや、トラブルなどの対応、空き家の宣伝など、その家に関する管理全般と、借り手との対応全般を行います。面倒な手続きなどは、不動産業者がしてくれるので、オーナーさんが個人で第三者を一人ひとり対応するという、わずらわしさがなくなるので、手間が省けます。
 

オーナーさんはいいことだらけ?

家賃収入の%をもらえるし、手間が省けるのならいいことづくしではないかと思いますよね。借り手を探す手間も省けて家賃が入ってくるならいいと感じます。空室でも、家賃が入ってくる仕組みなになっています。これは、「空室保障」といいますが、なんていいシステムなんだと誰しも思います。
 
しかし、ここで注意することがあります。それは、永年同じではありませんし、他にも条件があります。よくよく注意せずに活用してしまうと大きな落とし穴が待っていることもありますので、しっかりと安全安心かどうかを確認するようにしましょう。

どんなことにも裏がある

安定した収入が期待でき、計画的な運営を行うことができるサブリースです。不動産経営の一番難しい部分の、空室や延滞のリスクを保証してくれるシステムになります。そんな不動産オーナーにとっては便利なシステムですが、問題点もあります。いいことばかりではないということをしっかり理解しておくことが必要です。もの凄く便利な分、楽な分、それなりのことが隠れている場合はよくあります。サブリースでは、そんな隠れたデメリットが契約する会社によって異なります。適当に契約してしまうとあとでとても後悔することにもなります。損をしてしまうことや、嫌なことが増えたりする場合もあります。このシステムを利用する場合、しっかり細かいところまで契約内容を確認し、自分に合っているか、自分の不動産に見合っている条件かどうかをしっかり見極める必要があります。それが出来れば、とても便利なシステムになります。空室もなくトラブルも関係ない不動産経営ができます。